リフィットが誕生した経緯

リフィットが誕生した経緯

池間 義通

はじめまして、リフィットの池間です。
リフィット浦添に関わる半数以上のスタッフは、家族に難病や闘病している者を抱えています。
僕自身もまた家族に難病を抱えた1人となります。

今年、産まれたばかりの次男が髄膜炎になり、命の危機から、宮古島からドクターヘリで沖縄本島の沖縄県立 南部医療センター・こども医療センターに搬送されました。
幸いドクターヘリが飛んだので、命が助かりました。
また、リフィットのスタッフの中には、4人家族でこの数年のうちに、家族3人が癌になり、闘病した家族を支え、本人も病で手術・入院を経験し、職務に従事しているスタッフもいます。

グリーンウォール裏の巨大グラフィックを制作した女性スタッフです。
あの力強いグラフィックは苦難を跳ねのける強い気持ちの渦中に作られたグラフィックです。

巨大グラフィック

他のスタッフも長い治療が必要な重病を抱えた家族を支えています。
リフィットはそれらの者達が集まり誕生しました。 
それぞれの家族の手術や入院などが同時に重なり、リフィットのオープン準備に時間を有してしまいましたが、オープン日が決まり、全てをバネに全力で頑張りたいと思います。
またリフィットのスタッフに限らず、重病や闘病している家族を支えている方は多くいらっしゃると思います。
人生100年時代と言われていますが、健康でなければ、生きる事は、大変な時代だと思います。
少しでも健康寿命を伸ばすためには、適度な運動やバランスの摂れた食事が大事だと思います。
リフィットとしてできることは、フィットネスの輪を広げ、適切な筋肉をトレーニングでつけ健康で長生きできる社会に貢献できるよう活動していきたいと思っています。
フィットネスの輪とは、運動を通じて健康の輪を広げ、病気になりにくい身体、病院に行かなくても良い身体に少しでも近づけるように運動習慣の輪を広げて行くことだと考えています。

今回、リフィットの想いに賛同してくださり、無償で、フィットネスジム運営、マシン選定のご助言をいただきましたパワーハウスジムの堺部 元行氏のご協力にも心より感謝申し上げます。

堺部  元行氏
山里 健市氏

ジム空間を設計した、空間デザイナーの山里健市氏、脳科学に基づく空間デザイン、この難しい課題に最後まで妥協せずに、完成の直前まで変更に変更を重ね作り上げた空間、プロの仕事に感謝申し上げます。

そして、その全てを形に変える為、施工を担当した多くの業者様。
2度の台風被害に見舞われながらも、必死で作業の手をとめずに、時には夜中まで、時には台風の中、とても手のかかる現場だったと思います。僕の宮古島での幼なじみも施工を担当してくれた1人です。

台風のさなか雨漏りを塞ぎながら工事する様子

リフィット浦添Instagramで何枚かセンスの良い写真を見かけたなら、それは僕の幼なじみの撮影です。
筋肉が美しく見える照明角度も彼が担当してくれています。
リフィットの空間は、通常の24時間ジムを遥かに超える上質な空間となっています。
照明一つとっても、最高品質の遠藤照明を使用しています。
あの規模で数百のスポットライトを遠藤照明で揃えることはフィットネスジムではなかなかありません。
照明器具を始め、高級な建材コストを下げるため、通常の物流を通さずに、全国から最高品質の物をリーズナブル調達しようと手間をかけてくれた施工会社の協力がなければ、リフィットの誕生はあり得なかったと断言できます。
最高品質の設備を工夫、発想、努力で低コストで調達してくれた施工会社様は今回、県内初の試みに成功したと思います。
今後もリフィット沖縄を宜しくお願いします。
施工に携わって頂いた方々は、また別の機会に詳しくご紹介させていただけたらと思います。
REFETヘッドスタッフ 池間 義通

【家族割りの想い】
https://gym.okinawa/family

REFIT(リフィット) | 沖縄フィットネスジム 
タイトルとURLをコピーしました